トップ 眼科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科検索なら【眼科口コミナビ】目の病気2 > 緑内障になる可能性

緑内障になる可能性

スポンサードリンク

緑内障になる可能性の画像

緑内障の場合、視神経のダメージはゆっくりと起こり、視野も少しずつ狭くなっていくため、目に異常を感じることはありません。
また、厄介なことに日本人に多く見られるのが、緑内障の中でも正常眼圧緑内障と言われる疾患で、眼圧が高くないにもかかわらず緑内障と診断されるケースです。
自覚症状も無く、眼圧も正常とあれば、なかなか自分が緑内障であると認識できず、進行が進み視野が狭まって初めて緑内障だと知ることになると考えれば、これはもう定期健診を受けて早期発見するしか予防策は無いということになります。
また、以下のような方は、緑内障になる可能性が高い方ですので、1度検査を受けることをお勧めします。

①血縁者に緑内障の人がいる。

②強度の近視の人。

③低体温の人。

④冷え性の人。

⑤低血圧 の人。

⑥頭痛持ちの人。

近視は、その程度が高いほど、緑内障になるリスクが高いと言われています。
また、低体温・低血圧・頭痛・冷え性の方は、血流が悪いと考えられ、この血流の悪さが、視神経にダメージを与える要因になりうると考えられているからです。

緑内障は、急激に眼圧が上昇し、目の痛みや頭痛、吐き気といった激しい症状を起こす急性閉塞隅角緑内障といった発作を起こす疾患もあります。
時間が経つほど治りにくくなるので、このような発作が起きた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。
緑内障では、1度ダメージを受けた視神経を元に戻す方法はなく、病気の進行をくい止めることが目標となります。
したがって、出来るだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することがとても大切なのです。

スポンサードリンク

眼科検索なら【眼科口コミナビ】のピックアップ眼科医一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ コンタクトレンズの危険性

近年、コンタクトレンズの普及には目覚しいものがあります。 眼鏡に変わり、視力矯正法として、今では多くの人が愛用しているコンタクトレンズ。 ハードコンタクトレンズ、ソフトコンタクトレンズ、使い捨てコンタクトレンズ、カラーコンタクトレンズなどさまざまなものがあります。 夜間睡眠中も目に入れっぱなし可能な連続装用や、乱視用、遠近両用、おしゃれ用など、さまざまなタイプのコンタクトレンズが開発され、市販されています。 コンタクトレンズは眼鏡に比べると、視野が広いこと、レンズが曇らない

眼科検索なら【眼科口コミナビ】について

当サイトに掲載されている眼科医情報、診療時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。