トップ 眼科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科検索なら【眼科口コミナビ】目の基本知識 > 視力低下の原因と解決策

視力低下の原因と解決策

スポンサードリンク

視力低下の原因と解決策の画像

情報化社会を生きる現代人。
TVやパソコン、携帯電話など、使用する頻度が多くなり、視力低下の増加の一途をたどっています。
残念ながら、現状では高校生以上の60%が眼鏡若しくはコンタクトを使用しており、目を酷使する社会となっています。
また、小学校低学年の教室でも、黒板の字が見えなくて、眼鏡をかけている生徒がいるほど、視力低下は低年齢化の傾向にもあり、視力低下は社会問題となっています。

昔から、親が近視であればその子供も近視であると、近視があたかも遺伝であるかのように言われていました。
実際の所、近視は、そのほとんどが生活習慣の乱れによるもので、近視の遺伝的要因は10%程度のものなのです。
言い換えれば、視力低下の原因90%が、生活習慣から起こるもので、目に良い生活習慣を行えば、視力低下を防ぐことができるというわけなのです。
視力低下の原因を見つけ改善する事が重要な鍵になっているのです。

では、視力低下の原因と解決策はどのようなものがあるでしょう。

①長時間のパソコンの使用に注意⇒パソコンを使用する場合、1時間に1回は休憩を取り、目を休めるようにしましょう。

②睡眠不足に注意⇒大人は睡眠6時間以上、子供は睡眠時間最低8~10時間で視力低下の要因である眼精疲労を回復することができる。

③悪い読書習慣に注意⇒大人は、電車の中・就寝前の長時間の読書は控え、子供は、読み書きする時、本やノートから目を30cm離すなど、良い姿勢で行うようにする。

④食生活にも注意⇒偏食・外食など、食生活を見直し、目にも良い栄養を摂取するように心がけましょう。

⑤ストレス⇒子供の場合、稀に心因性視力障害になるケースもあるので気をつけましょう。

スポンサードリンク

眼科検索なら【眼科口コミナビ】のピックアップ眼科医一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 近視、遠視、乱視

屈折異常には、近視、遠視、乱視の状態があります。 【近視】 ①光の焦点が網膜よりも手前で結ばれてしまう状態。 ②近くは良く見えるが、遠くはぼやけて見える。 ③近視の原因は、眼の長さが長いか、 角膜や水晶体の屈折力が強いために起こる。 ④凹レンズの眼鏡やコンタクトレンズで屈折率を弱め、網膜上で焦点が合うように矯正します。 【遠視】 ①光の焦点が網膜の後ろで結ばれてしまう状態。 ②遠くは良く見えるが、近くはぼやけて見える。 ③遠視の原因は、眼の長さが短いか、 角膜や水晶体の屈折

眼科検索なら【眼科口コミナビ】について

当サイトに掲載されている眼科医情報、診療時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。