トップ 眼科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科検索なら【眼科口コミナビ】目の病気1 > VDT症候群

VDT症候群

スポンサードリンク

VDT症候群の画像

今や、多くの職場でOA機器の導入が一般的になり、パソコンもひとり1台という状況も珍しくなくなってきました。

そのような状況で、最近眼精疲労に結びつく、"VDT症候群"という症状に注目が集まっています。

実はこの聞きなれない"VDT症候群"は、パソコンの使用と大きく関係する症状なのです。

VDTは正式には、"VisualDisplayTerminal(ビジュアルディスプレイターミナル)"と言い、コンピュータの端末装置、液晶ディスプレイやブラウン管などの表示装置のことを指します。

現在、職場はもちろん一般家庭にもパソコンは普及し、一日のうちにパソコンのディスプレイを見ないという方のほうが少なくなっているのではないでしょうか?VDTを長時間利用した結果、近視・角膜炎・結膜炎などの他に、ひたいの圧迫感やめまい、吐き気などの症状を"VDT症候群(別名テクノストレス)"を訴える人が増加傾向にあるそうです。

"VDT症候群"は、パソコンのディスプレーを凝視することで起こります。

入力するたびにディスプレイの確認作業が必要で、ついつい画面をじっ~と見つめてしまいます。

その結果、画面を凝視することで、瞬きの回数が減り、目が乾燥しいわゆるドライアイを引き起こします。

たかが目の乾きと侮っていると、疲れ目から、眼精疲労へ移行すれば思わぬ影響が現れることがあります。

"VDT症候群"のならないためにも、日頃から目の潤いを保ったり、VDT作業中には、必ず1時間につき10~15分程度ディスプレーから目を離すといった休憩を取るような予防策を立てることが重要です。

"VDT症候群"と"眼精疲労"は密接な関係があるのです。

この機会に、あなたのお仕事や生活が、疲れ目になりやすいものかどうか見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

眼科検索なら【眼科口コミナビ】のピックアップ眼科医一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 視力検査

みんな誰もが1度はやったことのある、視力検査。 「右→、左←、上↑、下↓」と、英語の「C」のようなマークの隙間を当てる方法。 このマークはランドルト環と言って、世界共通の視力検査用の記号になっています。 隙間が開いている部分が見えるかどうかで視力を判定します。 黒色の円環で、円環全体の直径:円弧の幅:輪の開いている幅=5:1:1のサイズで、日本では直径7.5mm、環の幅・切れ目が1.5mmのランドルト環を5m離れたところから見て、正確に切れている方向が判れば、「視力1.0」

眼科検索なら【眼科口コミナビ】について

当サイトに掲載されている眼科医情報、診療時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。