トップ 眼科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科検索なら【眼科口コミナビ】目について > 目の仕組み

目の仕組み

スポンサードリンク

目の仕組みの画像

眼球は、どのようにして私たちへ情報を送っているのでしょうか? 眼球は、角膜・水晶体・硝子体・毛様体・網膜からなっています。
情報は光として、角膜⇒水晶体⇒硝子体⇒網膜の到達します。
その際水晶体は、
①近くの物を見るときは膨らみ、厚くなりって光の屈折率を大きくする。
②遠くの物を見るときはふくらみを薄くし、光の屈折率を小さくする。

といった動きをし、この厚みの調整をしているのが毛様体という筋肉なのです。
そして、眼球の一番奥にある網膜に到達するのです。

さて、これまでは眼球内での光の動きであって、網膜に映し出されるのは光の情報だけです。
実は見る仕組みにはまだまだ続きがあるのです。
光の情報は、網膜の中にある視細胞によって電気信号に変えられ、視神経を通り、脳の中にある視覚野で情報が映像化されるのです。
目は、脳に視覚情報を送るための器官であって、網膜で処理加工されて、最終的には脳で視覚情報をキャッチしているわけです。
つまり、実際には「目で見る」のではなく「脳で見る」というわけなのです。

スポンサードリンク

眼科検索なら【眼科口コミナビ】のピックアップ眼科医一覧はこちら。

    • きた眼科 大阪府寝屋川市緑町5−8 電話072-837-5539
    • 沢田眼科 大阪府大阪市住之江区東加賀屋1丁目10−21−1F−7 電話06-4702-7517
    • 静風荘病院 埼玉県新座市堀ノ内1丁目9−28 電話048-477-7300
    • やまぐち眼科 岡山県岡山市南区浦安西町21−41 電話086-265-1200
    • 村田眼科医院 滋賀県東近江市八日市緑町1−7 電話0748-24-2121

今日のお勧め記事 ⇒ 涙と角膜

涙は、角膜と結膜を常にうるおしています。 涙のおかげで、目の表面の乾燥を防ぎ、目が荒れたり傷ついたりしない仕組みになっています。 また、本来微妙に凸凹している角膜を涙で覆うことによって、光の屈折を防ぎ、正しく光が網膜に到達することが出来るので、はっきりものを見ることが出来るのです。 そして、角膜には血管がありません。 そんな角膜に酸素を供給しているのも涙なのです。 涙に酸素を溶かし込み、角膜に酸素を送っているのです。 後もう1つ、涙には酵素や免疫タンパクが含まれています。

眼科検索なら【眼科口コミナビ】について

当サイトに掲載されている眼科医情報、診療時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。