トップ 眼科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科検索なら【眼科口コミナビ】目について > 近視、遠視、乱視

近視、遠視、乱視

スポンサードリンク

近視、遠視、乱視の画像

屈折異常には、近視、遠視、乱視の状態があります。

【近視】
①光の焦点が網膜よりも手前で結ばれてしまう状態。
②近くは良く見えるが、遠くはぼやけて見える。
③近視の原因は、眼の長さが長いか、 角膜や水晶体の屈折力が強いために起こる。
④凹レンズの眼鏡やコンタクトレンズで屈折率を弱め、網膜上で焦点が合うように矯正します。

【遠視】
①光の焦点が網膜の後ろで結ばれてしまう状態。
②遠くは良く見えるが、近くはぼやけて見える。
③遠視の原因は、眼の長さが短いか、 角膜や水晶体の屈折力が弱いために起こる。
④凸レンズの眼鏡などで屈折率を強め、網膜上で焦点が合うように矯正します。

【乱視】
①光の焦点が2か所以上に分かれる状態。
②ものが二重に見えたり、視力が弱い。
③正乱視と不正乱視に分かれ、正乱視は屈折した光が1点ではなく、2か所で焦点を結ぶ状態です。
不正乱視は、角膜のカーブが不規則に変化しているので、どこにも焦点が結ばれない状態。
④正乱視は、乱視用レンズの眼鏡やコンタクトレンズで矯正します。
不正乱視は眼鏡では矯正できず、ハードコンタクトレンズを使って矯正します。

スポンサードリンク

眼科検索なら【眼科口コミナビ】のピックアップ眼科医一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 涙の役割

涙と言えば、悲しい時、嬉しい時、感動した時など、感情の変化によって出てくるものと思われがちですが、実はそうではありません。 涙は常に出ていて、1日に平均2~3ミリリットルの涙が出ています。 涙には、目をうるおすことにより乾燥から守ったり、目に入ってしまった異物を洗い流すなどの働きがあります。 涙がもし出なくなってしまうと,角膜が乾燥し、やがて混濁し視力障害を起こししまうほど、涙には大切な役割があるのです。 つまり、目の健康のためには涙が目薬の役割を果たしているのです。 では

眼科検索なら【眼科口コミナビ】について

当サイトに掲載されている眼科医情報、診療時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。