トップ 眼科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科検索なら【眼科口コミナビ】北海道 > 江別大木眼科クリニック

江別大木眼科クリニック

スポンサードリンク

江別大木眼科クリニック

詳細は当院のホームページを御覧下さい。
平成元年北大卒

◇JR高砂駅より徒歩8分
◇火・水午後手術

江別大木眼科クリニック:DATA
住所〒067-0075
北海道江別市向ケ丘28-15
電話011-384-2122
FAX011-384-2123
URLhttp://www.ooki-ganka.com
診療科目眼科
診療時間など
駐車場10台 
アクセス(最寄駅)
○函館本線・高砂駅徒歩8分
○函館本線・野幌駅徒歩20分
(バス)
○向ヶ丘停留所・徒歩1分
(車)
○2番通り沿い
(その他)
江別市役所裏で2番通りに面しています
お役立ち情報

江別大木眼科クリニックの地図

北海道江別市向ケ丘28-15 (Sorry, this address cannot be resolved.)

眼科医/江別大木眼科クリニックの詳しい情報です!

■院長 大木 一隆 略歴
・平成元年北大医学部卒業
・北大付属病院にて眼科一般臨床を研修
・その後、北大医学部非常勤講師と関連病院の医長職を兼任

§診療内容
■水晶体再建術(眼内レンズ挿入する)
■緑内障手術
■目の健康相談
 (目・まぶた・眼球・涙などの健康相談)
■発育期・幼児期・青年期・老年期の目の健康相談

スポンサードリンク
 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この目医者・眼科に口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

眼科検索なら【眼科口コミナビ】のピックアップ眼科医一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 屈折異常

本来、正確に“ものが見える”ためには、光が正しく網膜まで届き、それが脳まで伝達され、正しく認知されなければなりません。 もっと具体的に説明すると、光が目から入り、角膜⇒前房⇒水晶体⇒硝子体と、それぞれの境界面を屈折しながら通過し、網膜に到達した時に結像し、そして視神経を通り脳に伝達される、これがいわゆる“ものが見える”工程になるわけです。 屈折異常とは、この工程の途中で一部が歪んだり、正しい機能が行われず、正確に認知されなかった状態を指します。 このように“ものが見える”に

眼科検索なら【眼科口コミナビ】について

当サイトに掲載されている眼科医情報、診療時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。