トップ 眼科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科検索なら【眼科口コミナビ】目の基本知識 > 目によい食生活

目によい食生活

スポンサードリンク

目によい食生活の画像

目に良い食生活を心がけることが、『目・快適生活』への近道です。
では、どんな食生活が目にはよいのでしょうか。
最近注目を浴びている食品と言えば、"ブルーべりー"。
ブルーべりーには、近視の改善に効果的だと言われている、アントシアニンと言う色素成分が含まれていて、弱い光の中での視力を改善し、眼精疲労を軽減してくれます。
アントシアニンを含む食品はブルーベリーに限らず、アメリカンチェリー・紫サツマイモ・小豆・黒豆・ナス・赤ワインにも含まれています。

『目・快適生活』には、ビタミンAも必要な栄養です。
ビタミンAは、目の粘膜や新陳代謝を活発にする大切な栄養素になっています。
ビタミンAが不足すると夜盲症(鳥目)や眼球乾燥症が起きます。
ビタミンAは、ニンジン・ほうれん草・かぼちゃなどの緑黄色野菜・うなぎ・レバーなどに多く含まれています。

このように、目に良いとされる食品を毎日適量摂取することによって、視力を取り戻すことは十分可能なようです。
しかし、目に良い食品を摂取することも大切なことですが。
まずは、規則正しい食生活を送ることが重要です。
お昼近くに起きて来て、朝食を食べず、やたらと間食をするというような食生活では視力の向上は望めないでしょう。
視力向上どころか、他の病気にもなりかねません。
規則正しい生活を送ることこそ『目・快適生活』への第1歩なのです。

スポンサードリンク

眼科検索なら【眼科口コミナビ】のピックアップ眼科医一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 目の仕組み

眼球は、どのようにして私たちへ情報を送っているのでしょうか? 眼球は、角膜・水晶体・硝子体・毛様体・網膜からなっています。 情報は光として、角膜⇒水晶体⇒硝子体⇒網膜の到達します。 その際水晶体は、 ①近くの物を見るときは膨らみ、厚くなりって光の屈折率を大きくする。 ②遠くの物を見るときはふくらみを薄くし、光の屈折率を小さくする。 といった動きをし、この厚みの調整をしているのが毛様体という筋肉なのです。 そして、眼球の一番奥にある網膜に到達するのです。 さて、これまでは眼球

眼科検索なら【眼科口コミナビ】について

当サイトに掲載されている眼科医情報、診療時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。