トップ 眼科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科検索なら【眼科口コミナビ】目の基本知識 > 涙と角膜

涙と角膜

スポンサードリンク

涙と角膜の画像

涙は、角膜と結膜を常にうるおしています。
涙のおかげで、目の表面の乾燥を防ぎ、目が荒れたり傷ついたりしない仕組みになっています。
また、本来微妙に凸凹している角膜を涙で覆うことによって、光の屈折を防ぎ、正しく光が網膜に到達することが出来るので、はっきりものを見ることが出来るのです。
そして、角膜には血管がありません。
そんな角膜に酸素を供給しているのも涙なのです。
涙に酸素を溶かし込み、角膜に酸素を送っているのです。
後もう1つ、涙には酵素や免疫タンパクが含まれています。
角膜の汚れを落とすだけでなく、細菌退治もしているのです。

涙は,上まぶたの外にある骨の内側にある涙腺から分泌されます。
分泌された涙は、目をうるおし、瞬きの作用によって目頭上下にある涙点から流れ込み、鼻の奥の粘膜から吸収されます。
これは涙の道=涙道と言い、泣くと鼻水が出てしまうのは、吸収仕切れなかった涙が鼻から出てくる現象だったのです。

スポンサードリンク

眼科検索なら【眼科口コミナビ】のピックアップ眼科医一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ドライアイ

目の表面は、常に水分で覆われ保護されています。 この水分が"涙"です。 涙は、涙腺から分泌され、目の表面の潤いを維持してしています。 涙は、感情の変化によってあふれ出すだけでなく、目の表面を潤し、目の健康を維持する大切な役目を担っています。 その働きは、1日に2~3ml分泌し、 ①目の表面を守り乾燥を防ぐ ②角膜(黒目)に栄養を与える ③ゴミやバイ菌などの進入を防ぐ といった働きをしています。 ドライアイとは、この涙の異常によって引き起こされる目の障害であって、いわゆる「乾

眼科検索なら【眼科口コミナビ】について

当サイトに掲載されている眼科医情報、診療時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。