トップ 眼科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科検索なら【眼科口コミナビ】目の病気2 > 緑内障

緑内障

スポンサードリンク

緑内障の画像

緑内障とは、視神経が何らかの原因でダメージを受け、視野の一部が欠けてしまい、進行が進むと失明の恐れのある怖い病気です。
ある機関の調査によると、日本人の40歳以上では20人に1人が緑内障であるという報告があり、高齢者になるにつれその割合が増加傾向にあるという結果が出ているほど、日本の社会において大きな問題として考えられています。

早期発見・早期治療の重要性が訴えられていますが、その多くは、緑内障による自覚症状が無いために、気が付いた時には視野の欠損が進行し、治療が遅れて多くの視野を失ってしまうケースも少なくはありません。
その結果、途中失明の原因第1位を占めています。

では、緑内障はどうして起こるのでしょうか。
緑内障が視神経のダメージにより視野の欠損であると先に説明しましたが、視神経のダメージが起こる原因には眼圧が要因の1つと考えられています。
目の中には血液のかわりとなって栄養などを運ぶ、房水とよばれる液体が流れています。
普段はその房水の産生と排出のバランスが正常に保たれているのだが、何らかの原因でそのバランスが崩れ房水がうまく排出されず、眼球内の圧力が高くなると、視神経が圧迫され、視神経が痛み視野に欠損部分が生じてしまう。
残念なことに、視神経はとてもデリケートな神経であるため、1度ダメージを受けてしまうと、再生することがないため、緑内障は失明する危険を伴う大変怖い病気といわれているのです。

スポンサードリンク

眼科検索なら【眼科口コミナビ】のピックアップ眼科医一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 白内障の進行のスピード

白内障の進行のスピードは人によって違いますが、10年、20年かけてゆっくりと進行します。 症状も、人によってさまざまな形で現れます。 物が二重に見えたり、ぼやけて見えたり、さらに進行すると視力が低下していきます。 重度の白内障では、目の中の水晶体が白く濁ってしまった状態が見た目にも分かります。 人によっては白内障になっていても80歳でも生活に影響のない場合もあります。 自覚症状がほとんどなく、瞳孔を開く検査(散瞳検査)で水晶体を観察すると、80代では大部分の人の水晶体が白く

眼科検索なら【眼科口コミナビ】について

当サイトに掲載されている眼科医情報、診療時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。