トップ 眼科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科検索なら【眼科口コミナビ】目の病気1 > ドライアイの原因

ドライアイの原因

スポンサードリンク

ドライアイの原因の画像

ドライアイの原因は、「まばたきの回数の減少」です。
正常な人は1分間あたり20回のまばたきを無意識に行なっています。
しかし、テレビゲームやパソコンなどの画面に集中する作業を長時間を行っていると、まばたき回数が減少し、涙の分泌量も減り、目が乾いてしまうことになります。
ドライアイの症状としては、
①目を開けているのがつらい。
②目がゴロゴロし異物感を感じる。
③目が充血しやすい。
④目が疲れやすくなる。
⑤光がまぶしく感じる。
⑥視力低下。

といった症状が現れます。
午後や夕方になると目の調子が悪くなるという人はドライアイの可能性があります。
ドライアイは、いずれ目の表面に傷がつきやすくなり、角膜や結膜に悪影響を与える恐れもあります。
ただの乾き目だと思わず、早目の対策が必要です。

ドライアイかなと思ったら、自己判断はせず、早目に眼科を受診しましょう。
眼科では、以下のようなドライアイの検査を行います。

①視力検査
他に目の病気がないか、一般的な視力検査をして視機能を確認します。

②顕微鏡検査
角結膜上皮を観察し、涙の量をみたり、涙が目の表面をきれいに覆っているか見たり、角膜上皮の傷を見たりします。

③シルマー検査
涙の分泌量を調べます。

④BUT検査
涙の質を調べます。

ドライアイの治療は、点眼によるドライアイ治療が主に行われます。

スポンサードリンク

眼科検索なら【眼科口コミナビ】のピックアップ眼科医一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ドライアイ

目の表面は、常に水分で覆われ保護されています。 この水分が"涙"です。 涙は、涙腺から分泌され、目の表面の潤いを維持してしています。 涙は、感情の変化によってあふれ出すだけでなく、目の表面を潤し、目の健康を維持する大切な役目を担っています。 その働きは、1日に2~3ml分泌し、 ①目の表面を守り乾燥を防ぐ ②角膜(黒目)に栄養を与える ③ゴミやバイ菌などの進入を防ぐ といった働きをしています。 ドライアイとは、この涙の異常によって引き起こされる目の障害であって、いわゆる「乾

眼科検索なら【眼科口コミナビ】について

当サイトに掲載されている眼科医情報、診療時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。