トップ 眼科口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

眼科検索なら【眼科口コミナビ】目について > 屈折異常

屈折異常

スポンサードリンク

屈折異常の画像

本来、正確に“ものが見える”ためには、光が正しく網膜まで届き、それが脳まで伝達され、正しく認知されなければなりません。
もっと具体的に説明すると、光が目から入り、角膜⇒前房⇒水晶体⇒硝子体と、それぞれの境界面を屈折しながら通過し、網膜に到達した時に結像し、そして視神経を通り脳に伝達される、これがいわゆる“ものが見える”工程になるわけです。

屈折異常とは、この工程の途中で一部が歪んだり、正しい機能が行われず、正確に認知されなかった状態を指します。
このように“ものが見える”には、光が正確に目の一番奥にある網膜上で焦点が合えば、“もの”がはっきり見えるし、逆に、光の焦点が網膜上ではなく、その前後で焦点が合うようだと、“もの”が見えにくいというわけなのです。

目が調節せず、楽に“もの”を見たとき、ちゃんと網膜上に焦点が合う状態を『正視』と言います。
逆に、調整しないと網膜上に焦点が合わないのが『非正視=屈折異常』と言います。
屈折異常は、近視、遠視、乱視の状態があります。
老眼も屈折異常と思われがちですが、実のところ老眼は、加齢による水晶体の調節力が低下した状態で、近視・遠視・乱視などの屈折異常に対して調節異常と呼ばれています。

スポンサードリンク

眼科検索なら【眼科口コミナビ】のピックアップ眼科医一覧はこちら。

    • きた眼科 大阪府寝屋川市緑町5−8 電話072-837-5539
    • 沢田眼科 大阪府大阪市住之江区東加賀屋1丁目10−21−1F−7 電話06-4702-7517
    • 静風荘病院 埼玉県新座市堀ノ内1丁目9−28 電話048-477-7300
    • やまぐち眼科 岡山県岡山市南区浦安西町21−41 電話086-265-1200
    • 村田眼科医院 滋賀県東近江市八日市緑町1−7 電話0748-24-2121

今日のお勧め記事 ⇒ コンタクトレンズの危険性

近年、コンタクトレンズの普及には目覚しいものがあります。 眼鏡に変わり、視力矯正法として、今では多くの人が愛用しているコンタクトレンズ。 ハードコンタクトレンズ、ソフトコンタクトレンズ、使い捨てコンタクトレンズ、カラーコンタクトレンズなどさまざまなものがあります。 夜間睡眠中も目に入れっぱなし可能な連続装用や、乱視用、遠近両用、おしゃれ用など、さまざまなタイプのコンタクトレンズが開発され、市販されています。 コンタクトレンズは眼鏡に比べると、視野が広いこと、レンズが曇らない

眼科検索なら【眼科口コミナビ】について

当サイトに掲載されている眼科医情報、診療時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。